スポンサードリンク
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> 欧州クラブ所属組 >> カターニャ森本は今季初ゴールも白星ならず

カターニャ森本は今季初ゴールも白星ならず

 5日に行われたイタリア・セリエA第15節、カターニアとアウエーで対戦した
ユベントスは、クアリャレッラの2ゴールなどで3−1と勝利した。

カターニアは日本代表FW森本貴幸の今季初ゴールにより一時は同点に追い付いた
ものの、その後が続かなかった。

この結果、ユベントスは首位ミランから6ポイント差の3位をキープする一方、
カターニアは11位から13位に順位を下げた。


序盤からカターニアが押し気味に進めた試合は35分、
イアクインタの右クロスをペペがハーフボレーで合わせてユベントスが先制する。

ところが直後の37分、今季2度目のスタメン出場を果たした森本が左クロスからの
こぼれ球を左足で決め、カターニアはあっという間に同点に追い付く。

一方のユベントスは、クアリャレッラのボレーがクロスバーに当たってゴールライン
を割ったにもかかわらず、審判団に見逃されて得点として認められない。

ところが直後の44分、イアクインタのパスを受けたクアリャレッラが鋭いシュートを
たたき込み、ユベントスは再びリードを奪ってハーフタイムを迎える。



これでリズムをつかんだユベントスは後半に入ると58分、
相手DFからボールを奪ったクアリャレッラが鮮やかなミドルシュートを決め、
リードを2点に広げる。

対するカターニアは、アルバレスのアーリークロスに森本が合わせるが、
GKストラーリの必死のセーブを前に得点ならず。

また敵陣深くまで切り込みながらもゴール前でのプレー精度を欠き、
カターニアはどうしてもゴールを割れない。

一方のユベントスも、イアクインタの強烈なヘディングシュートが相手GKの
ファインセーブに遭うなど追加点を奪えない。

結局、その後はスコアが動くことなく、ユベントスがそのまま2点差で逃げ切った。
perosanmark75 | - | trackbacks(0) | pookmark | category:欧州クラブ所属組
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Trackback